girl wearing white shirt

桃の滴

桃の滴

江戸時代、1791年より京都の東山で創業し、現在も多くの名酒を製造している松本酒蔵。 大正12年には、伏見に酒蔵を移し、美しい水と各地方からとりよせた厳選のお米を使ったお酒は京都の地元民や居酒屋を中心に、日本全国で好まれています。 桃の滴は昭和58年に松本酒蔵からつくられたブランドで、富山県産の五百万石をつかった吟醸純米酒です。

more

サンプルサンプルサンプルサンプルPR_Link12‐サンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルリンク

睡龍

睡龍

奈良県の老舗酒蔵・久保本家酒造で2003年に生み出された新進気鋭の純米酒・睡龍。 久保本家酒蔵は、1702年の創業から310年以上にわたって、飛鳥・吉野の地で酒造りを営んできた酒蔵で、古くから多くの日本酒を製造してきました。 創業よりおよそ300年間、普通酒を主流としていましたが、純米酒に力を入れるため有名杜氏(日本酒醸造職人の監督・酒造の責任者)を酒蔵に招き、「生もと造り」を取り入れた

more

サンプルサンプルPR_Link13‐サンプルサンプルサンプルリンク

一博

一博

一博(かずひろ)は、お酒造りに人生を注ぎ込む酒蔵のドラマを持った純米酒です。 一博をつくっている中澤酒造は、江戸時代後期の創業に始まり、明治から滋賀県東近江での日本酒醸造を行ってきた歴史ある酒造。 しかし、20世紀の後半に焼酎ブームが起きたことによって日本酒の消費量が低下し、2000年には酒造を休止することになりました。

more

サンプルPR_Link14‐サンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルリンク

超超久

超超久

1985年、プロオーケストラ団体のなかった奈良県で、奈良にもプロオーケストラをつくろうという思いのもと、音楽家たちが集まり結成されたプロオーケストラです。 定期演奏会や公演以外に、地域の音楽・文化イベントの参加や、サロンコンサートなど、奈良県文化会館を活動の中心として、1年間で15から20もの演奏を行っています。

more

PR_Link15‐サンプルサンプルサンプルリンク

三連星

三連星

三連星は、滋賀県甲賀市の蔵元が立ち上げた日本酒ブランドの一つとなっています。 この「三連星」という名前に込められた思いは非常に多くあり、そうした思いを知って味わうだけでも、また普段とは違った楽しみを味わえるでしょう。

more

サンプルPR_Link16‐サンプルリンク

春鹿

春鹿

春鹿は、古きよき奈良の面影を色濃く残すなら奈良町にある蔵元です。 元々春日大社の神官としてお酒を醸造していた今西家が明治に酒造業を始めたのが春鹿でした。 春鹿の名前に「春」が付くのは春日大社の神官であったことが由来しているんですね。 春鹿の日本酒は、切れ味が良く、それでいてまろやかで口当たりが良いのが特徴。

more

サンプルサンプルサンプルサンプルPR_Link17‐サンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルリンク

サイト紹介

数々の地酒の瓶

サンプルPR_Link6‐サンプルリンク

サンプルサンプルサンプルサンプルPR_Link7‐サンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルリンク

地酒は戦後、いくつかの時期に分けて「地酒ブーム」「日本酒ブーム」などといわれ、たびたび話題になってきました。

戦後すぐから、高度経済成長期が終わるまでは、地酒よりも大量生産の全国酒が多く広まり、お酒においても「大量消費時代」を過ごしました。
高度経済成長期が終わったのち、日本の文化をあらためて見直そうという動きがあり、それにともなって戦後1度目の地酒ブームが起きます。

20世紀も終わりに近づくと、もとはアルコールの濃度で等級が決められていた日本酒が製造法などによって「普通酒」「特定名称酒」などと分けられるようになり、純米酒や吟醸酒などさまざま区分や銘柄の違いなどが分かれるようになりました。
また、このころから、それぞれの酒蔵や杜氏によって、香りや甘み・辛み、コク、色などさまざまな特徴をもった個性的なお酒が製造されるようになり、今ある日本酒としての大きなかたちができてきました。

1990年代から2000年代まで、焼酎・ワイン・ビールなどに押され、縮小や閉鎖する酒蔵も多くありましたが、海外進出や日本酒のスパークリングやにごり酒など、新しいブランディングが行われ、再びの地酒ブームの先駆けとなっています。

何十年もの年月をかけて進化・多様化してきた地酒を楽しみ始めるには、今はもってこいの時期なのです。

関西には、全国トップの酒米「山田錦」の9割近い生産地である兵庫など、水の豊富な地理を利用して、今も多くの酒造で地酒がつくられています。

その中から、とくにおすすめの地酒を紹介していきます。
老舗の酒造など関西の歴史ある企業は沢山ありますよ。このサイトでは関西に本社のある大企業が多数まとめられています。

サンプルサンプルPR_Link8‐サンプルサンプルサンプルリンク

サンプルPR_Link9‐サンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルリンク

PR_Link10‐サンプルサンプルサンプルリンク

日本酒の魅力

日本酒は、「米文化」の根づいた日本で、お米をつかってつくられる伝統的なお酒です。

お米をつかったお酒自体は中国や韓国などにもありますが、日本酒のように粒が大きくでんぷん質が豊富で酒造りに向いた「酒米」「酒造好適米」をつかっているのも、雑味のある米の表面部分をけずって精米し、高度な発酵・醸造過程を経てつくりあげるのも、日本だけなのです。

そんな伝統的で、世界でもトップレベルの複雑さと丁寧さによってつくられる日本酒は、南北に長い日本列島の「地域ごとの気候や米の違い」を生かし、酒造ごとに個性ある味が楽しめます。

また、日本酒は「熱燗」「常温」「冷酒」どの状態でも、おいしく味わえるのが特徴です。

キンキンに冷やしておいしいビールや、赤は15度から18度くらいの常温・白は冷やして飲むとおいしいというワインなど、温度によってはお酒の味が生きてこないものがほとんどですが、日本酒はこだわりなくさまざまな温度で楽しむことができる、めずらしいお酒です。

純米吟醸酒や純米酒、本醸造酒など、等級によってもまた違った特徴があり、知れば知るほど深く、おいしく楽しめるようになります。

サンプルPR_Link11‐サンプルリンク